ワシントン条約常設委員会、象牙の日本輸出を解禁

【2006年10月9日】

時事通信によると、ワシントン条約の常設委員会は6日、南アフリカボツワナナミビアの3国が保有している約60トンの象牙の日本への輸出を承認した。

産経新聞と時事通信によれば、象牙の取引は1989年の同条約締結以降、国際的に禁止されていた。しかし、個体数の多い3国からの輸出は条件付で2002年に解禁となり、日本への輸出が検討されていた。5日の会合では先送りとなっていたが、6日には管理体制が整っているとして認可された。

出典編集