ルワンダ、コンゴ民主共和国国籍の6人を国外退去に

【2005年9月1日】

ルワンダの地図。湖をはさんで北西がコンゴ民主共和国、北がウガンダ。南はブルンジ。

1日の新華社通信他によると、ルワンダ政府は、コンゴ民主共和国国籍の6人に国外退去を命じた。6人は首都キガリおよびギセニィ(Gisenyi) 州で逮捕されていた。ルワンダ警察のメリー・ガホンジレ警部は8月31日、6人は不法滞在者で、ルワンダ国内で治安維持に反する非合法活動をしていたと語った。

逮捕された者のうちには、難民を装ってコンゴ民主共和国政府から派遣されたものがいると、別の警察関係者が語ったと、ルワンダの『ニュー・タイムズ』紙は付け加えている。

同紙によれば、ルワンダを国外退去となったコンゴ民主共和国人は、ブルンジの難民キャンプに送られると情報筋が語った。この場合、難民の資格が得られる一方、活動は大きく制限される。

8月24日及び25日、ウガンダ・ルワンダ・コンゴ民主共和国の3国の代表からなる合同委員会がもたれ、それまでの合意を確認するコミュニケが出された。コミュニケでは、治安維持について、民兵、テロリスト、地域の安定に脅威となる犯罪者の武装解除を追求するとしている。『ニュー・タイムズ』紙によれば、また、この委員会は、犯罪者引渡し協定を3国が将来結ぶことで合意した。

出典編集