プロ野球・東北楽天イーグルスが5年目で初のプレーオフ出場権獲得

【2009年10月4日】 毎日新聞によると、プロ野球パ・リーグ東北楽天イーグルスは10月3日(UTC+9)、クリネックス宮城球場で行われた埼玉西武ライオンズとの試合に勝ち、2005年の球団創立から5年目でレギュラーシーズン3位以内を確定するとともに、日本シリーズ出場権をかけたプレーオフトーナメントクライマックスシリーズ」進出を決定した。

日刊スポーツによると、東北楽天イーグルスはこの試合、1回に鉄平の先制3ランと草野大輔のソロホームランで4点をリードし、5回には1点差に迫られながら山崎武司が3ランホームランを打つなど4点を追加。更に6回には鉄平がこの日2本目の3ランホームラン、8回にはリンデンがダメ押しの2ランホームランとチーム初の1試合5ホームランで14-5の圧勝を演じ、クライマックスシリーズ進出に花を添えた。

毎日によると、野村克也監督は「まず第1関門を突破。あと(日本シリーズ進出まで)関門トンネルが2つもあるのか。まだ遠いなぁ」と語っている。

また毎日によると、これでパ・リーグのクライマックスシリーズ出場3チームが確定し、北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークスを含めた3チームが10月16日からトーナメント方式で日本シリーズ出場を争う。

情報源編集