パキスタンで空港爆発、死者も

【2006年12月27日】

ペシャーワル国際空港(資料、パブリックドメイン)

CNN や BBC によると、26日午前7時10分 (UTC+5) ごろ、パキスタン北西部のペシャーワル空港で爆発があった。空港の入口付近に止めてあった車が爆発したと、警察は話しているという。空港は当時、中東との発着便の利用客で混んでいた。

同日のUPI通信は、この爆発で1人が死亡し、2人が負傷したと報じた。UPIによれば、ペシャーワルを州都とする西北辺境州では、10月以降、各地で爆発による死者が出ている。

BBC によれば、警察官は「これはテロ行為だ。我々はテロとして捜査をする」と語っている。UPIによれば、BBCは、この緊張を、パキスタン政府がアフガニスタン国境で行ったタリバン支持者およびアルカイダ武装勢力に対する掃蕩作戦によって高まったものと伝えている。 

出典編集