ニカラグア大統領選、オルテガ氏が16年ぶりに再当選

【2006年11月8日】

ニカラグア

読売新聞およびCNNによると、中米・ニカラグア大統領選は5日 (UTC-5) に投票が行われ、7日までにダニエル・オルテガ氏 (60) の16年ぶりの当選が決まった。オルテガ氏は1984年、大統領に初当選し、反米革命を掲げた政治を進めてきた。しかし、1990年、1996年、2001年の大統領選では、いずれも敗れていた。

CNNによれば、オルテガ氏は、「意見が違えども、お互いに話し合って合意し、調和の中でニカラグアを成長させる機会となったことを、神に感謝したい」と勝利宣言をした。

オルテガ氏は、2007年1月に大統領に就任する。

出典編集