ナイジェリア「赤ちゃん工場」摘発さる

【2013年5月14日】

イモ州の位置(朱色の箇所)

大分合同新聞によると、ナイジェリア警察は5月11日までに、同国南東部にあるイモ州の家屋にいる妊娠中の少女17人と乳児11人を保護し、少女らを妊娠させたことを認めた23歳の男と、家屋警備員の55歳の男の身柄を拘束したと発表した。

時事通信によると、この家屋は少女を妊娠させて、そこで生まれた乳児を売り飛ばす、いわゆる「赤ちゃん工場」と呼ばれるもので、元々は乳児や妊婦の保護施設とされていた。イモ州の警察は5月8日に通報を受けて立ち入り捜査を行った。少女らは警備員や23歳の男らに妊娠をさせると共に、食事は1日1度だけ、かつ、施設を離れることも許されなかったという。大分合同によると、今回保護された乳児11人は売却前とみられている。

日経新聞によると、ナイジェリアでは人身売買が一部で盛んにおこなわれ、そこで売買された子供らが売春に従事させられたといわれており、2011年にはアビア州で病院に少女らを閉じ込めて赤ちゃんを出産・売買していた売春行為が発覚し、当時妊娠中だった32人の少女が保護された事例がある。また、時事によると今年4月にEU(欧州連合)の報告書で、この人身売買がはびこっているとして問題視している。

情報源編集