ドリス・レッシング氏、2007年ノーベル文学賞を受賞へ

ドリス・レッシング氏 (2006年撮影)

【2007年10月12日】

スウェーデン・アカデミーは11日、2007年のノーベル文学賞英国在住のドリス・レッシング氏(87歳)に授与すると発表した。

アカデミーによると「女性の抒情詩人として、懐疑、情熱、先見性をもって分断された現代社会を洞察し描いた」というのが受賞理由。日経新聞によるとドリス氏は女性として史上11人目、また史上最高齢での文学賞受賞となる。賞金は1,000万スウェーデン・クローナ(約1億8,000万円)で、授賞式はノーベルの命日である12月10日にストックホルムにて行われる。

時事通信によるとレッシング氏は1919年にペルシャ(現イラン)生まれ。5歳のときから25年間南ローデシア(現ジンバブエ)に在住し、その後英国に渡ってから「草は歌っている」(1950年)をはじめとする数多くの作品を発表し評価されてきた。また、西日本新聞によると代表作である「黄金のノート」(1962年)は20世紀のフェミニズム運動に大きな影響を与えている。

出典編集

外部リンク編集