ソフトバンク、英・ARMホールディングス買収

【2016年7月18日】

ソフトバンクは18日、ARMホールディングス(イギリス)を買収することで合意したと発表した[1]。買収金額は、約240億ポンド(約3兆3000億円)で[2][3]、ソフトバンクはARM株1株に対し、15日の終値(11.89ポンド)に[3]43%上乗せした、17ポンドを支払う[2]。この買収金額は、2013年のスプリント社(アメリカ)を上回りソフトバンクとしては、過去最大の買収となるほか[3][4]、日本企業の海外企業の買収としては過去最大規模となる[5]

また、ソフトバンクによると、買収は既にソフトバンクの取締役会で承認されているほか、ARM社の取締役会においても、株主に対し買収を推奨することで一致しており、今後ARM社の株主とイングランドの裁判所の承認を受けた後に[1]、9月末までに買収を完了させたいとしている[1][2]。今回の買収にあたって、ソフトバンクの孫正義社長は「モノのインターネット(IoT)技術がもたらす重要なチャンスを掴むことが、この買収の目的である」とコメントしており[1]、携帯電話事業とIoT関連事業の融合を目指すとみられる[2]

ARM社は、スマートフォン等に使用されるCPUなどの半導体を設計しており、世界のモバイル機器の約85%のシェアを持っているが[5]、自社製造は行わずライセンス供与している[6]。ソフトバンクは、ARM社を買収することで、スマートフォンの中核技術のほかに、今後発展が見込まれるモノのインターネット(IoT)技術においても、主導権を獲得する狙いがあるとみられる[5]

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『当社によるARM買収の提案に関するお知らせ』ソフトバンクグループ株式会社、2016年7月18日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 『ソフトバンク孫氏「IoTにチャンス」 英社3.3兆円買収』日本経済新聞、2016年7月18日。
  3. 3.0 3.1 3.2 志田義寧 『ソフトバンクが英半導体設計ARMを3.3兆円で買収、IoT強化へ』ロイター、2016年7月18日。
  4. 五十棲忠史 『ソフトバンク、英ARM買収を発表…3・3兆円』読売新聞、2016年7月18日。
  5. 5.0 5.1 5.2 『ソフトバンク 半導体会社ARMの買収で合意』日本放送協会、2016年7月18日。
  6. 共同通信 『英半導体を3兆円超で買収 ソフトバンク、スマホ強化 過去最大規模』産経新聞、2016年7月18日。