ジュビロ磐田・菊地選手がわいせつ行為で逮捕

【2007年6月19日】 デイリースポーツによると、Jリーグジュビロ磐田ミッドフィルダー菊地直哉容疑者(22歳)が女子高校生わいせつ行為を働いたとして、静岡県警浜松中央警察署に静岡県青少年環境整備条例違反容疑で6月13日逮捕された。

菊地選手は5月29日、浜松市内の女子高生に対し路上に止めてあった乗用車に18歳未満と知りながらわいせつ行為を行い、現金1万円を生徒に押し付けるなどした。その後、菊地選手の免許証入りの財布を生徒が警察に届け出たため、この事件がわかったという。AFP(フランス通信)によると、菊地選手は警察の調べで「かわいい子だったから声をかけた」と話した上で、それが発覚すると「選手生命が終わるので心配していた」と容疑を認めた。

デイリーによると、菊地選手は清水市立商業高校卒。2003年からジュビロ磐田で活躍し、2004年のアテネ五輪を初めとする各年代日本代表で活躍する実力者で、またジュビロでも主力選手として活躍していた。

出典編集