サッカー・FC岐阜 2010年は長良川球技メドゥを暫定本拠に

【2009年11月20日】

長良川球技メドゥ(GFDL)
長良川競技場(GFDL)

中日新聞、岐阜新聞によると、サッカーJ2リーグFC岐阜の2010年度の本拠地を岐阜市長良川球技メドゥに暫定的に移すことが11月17日のJリーグ理事会で承認された。

中日新聞によると、これは、本来の本拠地である長良川競技場が2012年開催の国体「ぎふ清流国体」のメイン会場となる関係で今年12月から向う1年間、改修工事による閉鎖・使用不可となるための処置。

本来J2の本拠地として使う場合は1万人以上収容のスタジアムを使うことが義務付けられる。長良川球技メドゥは3500人収容で規定外であるが、「近くに他の(J2規格の)スタジアムがないことを考慮」(鬼武健二チェアマン)して、特例を認めた。2010年はゴール裏に合計約1400人収容の仮設席を設け、その設置費用5000万円は岐阜県が負担する予定である。岐阜新聞によると、会場周辺に大型モニターを設けて「パブリックビューイング」をすることも計画している。

また中日新聞によれば一部の試合は愛知県一宮市光明寺球技場でも開催する。なお2011年からは本来の長良川競技場に本拠を復帰する予定。

また岐阜新聞によると、Jリーグ公式戦安定開催基金からFC岐阜が借り受けている5000万円の返済期限が当初の11月末から2010年7月30日までに延期されることがJリーグから承認された。

情報源編集