サッカー・横浜F・マリノス、岡田監督辞任

【2006年8月24日】 日刊スポーツによると、Jリーグ1部(J1)の横浜F・マリノス岡田武史監督(49歳)は8月23日を持って成績不振を理由に辞任し、当面の代行監督として水沼貴史コーチ(46歳)が就任することになった。

読売新聞によると、8月23日にホーム・三ツ沢サッカー場で行われた大宮アルディージャとの試合に敗れた後、岡田監督はF・マリノスの幹部と会談し、辞任の意向を示した。岡田氏は2003年からF・マリノスで指揮を取っており、その年と2004年の2年連続で年間総合優勝に導いた。しかし、2005年は9位、2006年もこの日の敗戦を持って12位と低迷していたため、その責任を取る形となった。

出典編集