サッカー・東京ヴェルディ スポンサー収入が5億4000万円未満なら今季でJリーグ退会も

【2009年9月18日】

日刊スポーツによると、サッカーJリーグは9月17日(UTC+9 以下同)、J2リーグの東京ヴェルディの運営を日本テレビ放送網から譲渡される「東京ヴェルディホールディングス」の事業計画について、スポンサー収入を重視し、11月16日までに5億4000万円の収入を得る計画を確定させることを求めて、これが満たされない場合は2009年シーズン限りでJリーグから退会させるとする「条件付」の譲渡であったことを明らかにした。

スポーツニッポンによると、Jリーグの羽生事務局長は「現状の事業計画で5億4000万円のスポンサー収入は必須。ただ、これから集めるというのではなく、ある程度は決まっている」事を説明しているが、それを満たされなかった場合は「ぎりぎりの線でダメというときはお互いの話し合いで処理しなければいけない」として更に規模縮小を求めるとしている。

日刊、スポニチによると、ヴェルディホールディングス・崔暢亮(さい・のぶあき)会長は9月16日の会見でこの収入確保を達成できる見通しを示しており、「スポンサーについては全く心配していない。きっちりとした事業計画でやれるはずだ」としている他、Jリーグの鬼武健二チェアマンは「Jリーグから金銭的支援はない」としながら「何らかの形でスポンサー確保の応援はしたい」と話している。日刊の別記事によると、収入確保が達成できずJリーグを退会する場合、鬼武チェアマンは「Jリーグの下部団体であるJFL(日本フットボールリーグ)地域リーグもあるので、チームを消滅するか否かは東京V側の判断」としている。

情報源編集