カムチャツカ半島でM7.7の地震

【2006年4月21日】 米国地質研究所によると、21日午後0時25分5秒(UTC+13、日本時間午前8時25分5秒)、ロシアカムチャツカ半島マグニチュード7.7の地震があった。

震源の位置は、北緯61.092度東経167.100度、深さは43km。日本の気象庁によると、この地震による同国への津波の心配はない。また、米国海洋大気圏局によると、同国の太平洋岸への津波の心配はない。

共同通信によると、ロシアの複数の村で被害が出ている。海岸に近いティリチキ村で公共施設が全半壊し、送電などにも影響が出ていることを、地元メディアからの情報としてAP通信が伝えている。CNNによると、同村の人口は2,000人である。

この地震による負傷者は、ロシア非常事態省の情報(タス通信=共同)によると、31人で、このうち7人が病院に運ばれた。なお、死者は確認されていない。

震源の位置
震源の位置

出典編集