イルクーツクで着陸失敗事故

【2006年7月9日】

イルクーツク州の位置

ロイター通信、読売新聞(共同)によると9日午前7時50分 (UTC+9、日本時間と同じ) 頃、ロシアのイルクーツク州にあるイルクーツク国際空港シベリア航空エアバスA310旅客機(モスクワ発778便)が着陸後、滑走路をオーバーランして外れ、建物に衝突し、大破、炎上した。同機には乗員8人と乗客合わせて200人が乗っていた。病院に運ばれたのは43人で、その他の搭乗者は絶望視されていたが、その後のロイターによる情報では搭乗者は204人、124人が死亡、12人が不明である。少なくとも55人が病院でやけどなどの治療を受けている。

CNNによると、イルクーツク市はバイカル湖の近くにあり、旅行に行く予定だった多くの子供が含まれている。火災は事故の約2時間後に鎮火した。

ロイターによると事故の調査が開始され、フライトレコーダーがモスクワに運ばれた。

搭乗者193人のリストがシベリア航空により公表されている[1]が、ロシアの緊急対応庁では、他に3人の乗客がいたはずだとしている。

出典編集