アップル、インテル・マック上でWindowsを動作させるソフトを発表

【2006年4月6日】

アップルコンピュータは5日、インテル社製の演算装置を内蔵した同社のパーソナルコンピューター「マッキントッシュ」で、マイクロソフト社のオペレーティングシステム、「Windows XP」を動作させるソフトウェアの試用版を発表した。

発表によると、このソフトウェアは「ブートキャンプ (Boot Camp)」と呼ばれ、そのソフトウェアを導入したマッキントッシュには「Windows XP」を導入することができるようになる。そのようなマッキントッシュでは、同コンピューターの専用オペレーティングシステムである「Mac OS X」と「Windows XP」を、コンピューターの起動時に選択することができるようになる。具体的には、起動時にoptionキーを押しているとWindowsが、普通に起動させるとMac OS Xが起動する。マイクロソフトによれば、現在、Mac OS X上でインテル演算装置をエミュレートさせ、Windowsを動作させるソフトウェアが販売されている。しかし、アップルによれば、「ブートキャンプ」は、Windowsが完全にネイティブの状態で動作するという。

このソフトウェアは現在はパブリックベータ(公開試用版)であり、期間限定で使用できる。製品版は「レパード (Leopard)」と呼ばれるMac OS Xの次期バージョンに含まれる予定とされる。日本経済新聞によると、レパードは2006年末から07年はじめにかけて発売される予定という。

朝日新聞と東京新聞によれば、2005年1月以降、アップル社では、同社のパーソナルコンピューターの演算装置を、これまでのIBM製のものから、Windows用のパーソナルコンピューターに使われているインテル製のものに切り替えている。

日経によれば、この発表を受け、米アップルの株価が5日、67.21ドルになった。前日比9.9%の高騰である。

出典編集