「中東欧に広がる水害 死者34人に」の版間の差分

Wikify
編集の要約なし
 
(Wikify)
{{日付|2005年8月25日}}
8月下旬、アルプスを襲った水害は、東ヨーロッパの[[w:ブルガリア|ブルガリア]][[w:ルーマニア|ルーマニア]]で、数ヶ月など渡り水も被が続いを及ぼしている。BBCが伝えた
 
BBCによれば、西ヨーロッパで洪水をもたらした大雨は、[[w:ドナウ川|ドナウ川]]下流のブルガリアやルーマニアでも被害をもたらしている。
 
ブルガリアではこれを含めて、過去3ヶ月に3回の洪水があり、200万人ほどが影響を受けている。3ヶ月で少なくとも10人が死亡し、2万戸が損壊している。農場とインフラストラクチャーへの被害額は、100万レヴァ(ル6億2500万米ドル)と推算されている。
ブルガリアでの被害の背景には、治水対策へのインフラストラクチャー不足があると市場経済研究所のクラセン・スタンチェフ氏は分析している。スタンチェフ氏によれば、ブルガリアでは、1970年以降、水路や橋を整備するためののための公共投資は行われていない。
 
またルーマニアでも、23日以来、成人7名を含む25人が洪水で死亡しているとBBCが伝えた。それによれば、[[w:ドイツ|ドイツ]][[w:スイス|スイス]][[w:オーストリア|オーストリア]]で報告された死者11人に加え、23日以来の洪水による死亡者は合計で、少なくとも36人となった。
 
ルーマニアの死者は、増水した川にのまれて溺死したものとAFP通信は伝えている。またルーマニア中部では、1万4千戸の住宅が被害を受けている。
 
BBCの調べによれば、上記のほか、[[w:スロバニア|スロバニア]][[w:モルダバ|モルダバ]]でも道路の冠水や住宅への浸水による被害が出ている。
 
== 出典 ==
11,841

回編集