「中国四川省大地震 - 震源が浅く被害甚大との指摘も」の版間の差分

編集の要約なし
(+2008年中国四川省大地震テンプレート)
編集の要約なし
 
時事通信は、「大陸内部の地震で、震源が浅く、破壊力が大きかった」と中国地震局地震予測研究所の研究員が指摘したことを報じた<ref name="jijitsushin"/>。[[w:毎日新聞|毎日新聞]]によると、[[w:東京大学|東京大学]]地震研究所アウトリーチ推進室の辻宏道准教授は、[[w:阪神・淡路大震災|阪神・淡路大震災]] (M7.3、震源の深さ16km) よりも大きな規模の地震がより浅い場所で発生しているため、被害が甚大になる可能性を指摘した。<ref name="mainichi">{{出典・ウェブ|url=http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20080513k0000m040137000c.html|タイトル=中国地震:一帯で大地震多発 「被害相当大きい」と識者 - 毎日jp(毎日新聞)|著者=西川拓、関東晋慈|発行者=毎日新聞|日付=2008年5月12日 23時14分 (最終更新5月13日1時18分) (UTC+9)}}</ref>
 
[[w:日本経済新聞|日本経済新聞]]によれば、中国民政省などが13日午後に行った記者会見で、この地震により1万1921人が死亡したと発表された。<ref name="nikkei">{{出典・ウェブ|url=http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080513AT2M1302C13052008.html|タイトル=中国・四川大地震の死者1万1921人に、民政省会見|著者=|発行者=日本経済新聞|日付=2008年05月13日18時11分 (UTC+9)}}</ref>
 
地震調査委員会の阿部勝征委員長は、重い大陸の下で[[w:ユーラシアプレート|ユーラシアプレート]]とインド・オーストラリアプレートがぶつかり合う力がたまることが、今回の[[w:震源#震央|震源地]]周辺で大地震が繰り返し発生している原因だと考えられると述べている。<ref name="mainichi"/>
| 1976年7月 || M7.8 || 約24万2800人 || 中国・[[w:河北省|河北省]][[w:唐山市|唐山市]]付近 || [[w:唐山地震|唐山地震]]、[[w:20世紀|20世紀]]最大の被害
|}
 
なお、[[w:北京オリンピック|北京五輪]]の[[w:聖火|聖火リレー]]は6月中旬に[[w:重慶市|重慶市]]・四川省などを通る予定だが、毎日新聞によればルート変更などは検討されていないという。<ref name="mainichi113">{{出典・ウェブ|url=http://mainichi.jp/select/world/news/20080513dde041030062000c.html|タイトル=中国・四川大地震:北京五輪 聖火リレー「ルート変更ない」|著者=北京・来住哲司|発行者=毎日新聞|日付=2008年05月13日10時45分(最終更新 5月13日 12時37分) (UTC+9)}}</ref>
 
== 出典 ==
3

回編集