「「群衆の叡智サミット 2008 Spring」、5月に開催へ」の版間の差分

冒頭変更(ただうまく変えれなかった、、、)。少なくともWeb 2.0の用語は入れるべき。でないと分からない。
(群衆の叡智サミット 2008 Spring開催 - 株式会社テックスタイル群衆の叡智サミット 2008 Spring開催 へ移動: 他サイトのニュースなどと比較して、主催者とはいえ一企業の名をここで記�)
(冒頭変更(ただうまく変えれなかった、、、)。少なくともWeb 2.0の用語は入れるべき。でないと分からない。)
{{日付|2008年4月27日}}
群衆による情報構築に対する[[w:Web 2.0|Web 2.0]]の関わりを議論する「群衆の叡智サミット 2008 Spring」が2008年5月21日に開催される。<ref name="techstyle">{{出典・ウェブ|url=http://techstyle.jp/wocs/2008spring/|タイトル=TechStyle Group {{!}} WOCS2008 Spring|著者=|発行者=テックスタイル|notwp=1|日付=2008年4月24日 (UTC+9)}}</ref>会場は[[w:丸の内ビルディング|丸ビル]]ホールで、主催は株式会社テックスタイル。<ref name="techstyle"/>テックスタイルが自らのサイトで4月24日に発表した<ref>{{出典・ウェブ|url=http://techstyle.jp/|タイトル=TechStyle Group - Unique Innovation Companies|著者=|発行者=テックスタイル|notwp=1|日付=2008年4月24日 (UTC+9)}}</ref>。
 
株式会社テックスタイルのプレスリリースによると、テックスタイル・グループは2008年5月21日に「群衆の叡智サミット 2008(WoC: The Wisdom of Crowds) Spring」開催テーマとし、(Web 2.0での)メカニズムとポテンシャルという2つの観点から議論を行う。また、参加者からの意見を可視化するシステムを用意し、会場は[[w:丸の内ビルディング|丸ビル]]ホールを巻き込んで議論を行うという。<ref name="techstyle">{{出典・ウェブ|url=http://techstyle.jp/wocs/2008spring/|タイトル=TechStyle Group -{{!}} UniqueWOCS2008 Innovation CompaniesSpring|著者=|発行者=テックスタイル|notwp=1|日付=2008年4月24日 (UTC+9)}}</ref>
 
「群衆の叡智」とは、CNET Japanによると、ジェームス・スロウィッキー氏の著書「『みんなの意見』は案外正しい」内のキーワード<ref name="cnetjapan">{{出典・ウェブ|url=http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20372095,00.htm|タイトル=テックスタイル、公開討論会「群衆の叡智 サミット 2008 Spring」を開催:ニュース - CNET Japan|著者=岩本有平 (編集部) |発行者=CNET Japan|日付=2008年4月24日16時52分 (UTC+9)}}</ref>。ITproの「群衆の叡智サミット2007」レポートによれば、[[w:梅田望夫|梅田望夫]]氏が2007年1月に「次の10年の最重要キーワード」として挙げたものである<ref>{{出典・ウェブ|url=http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071102/286251/|タイトル=「群衆の叡智」をテーマにした討論会が開催:ITpro|著者=高橋信頼=ITpro|発行者=日経BP|日付=2007年11月2日 (UTC+9)}}</ref>。
テックスタイルによると、群衆の叡智 (WoC: The Wisdom of Crowds) をテーマとし、メカニズムとポテンシャルという2つの観点から議論を行う。また、参加者からの意見を可視化するシステムを用意し、会場を巻き込んで議論を行うという。<ref name="techstyle">{{出典・ウェブ|url=http://techstyle.jp/wocs/2008spring/|タイトル=TechStyle Group {{!}} WOCS2008 Spring|著者=|発行者=テックスタイル|notwp=1|日付=2008年4月24日 (UTC+9)}}</ref>
 
今回の「群衆の叡智サミット 2008 Spring」開催は、CNET Japanによると、ジェームス・スロウィッキー氏の著書「『みんやMarkeZineの意見』は案外正しどでも伝えられて」内のキーワード<ref name="cnetjapan"/><ref>{{出典・ウェブ|url=http://japanmarkezine.cnet.comjp/newsa/bizarticle/storyaid/0,2000056020,20372095,003474.htmaspx|タイトル=テックスタイルMarkeZine:◎集合知とWeb 2.0の可能性を探る公開討論会「群衆の叡智 サミット 2008 Spring」5月開催:ニュース - CNET Japan決定|著者=岩本有平 (MarkeZine編集部) |発行者=CNET Japan翔泳社|表示名=MarkeZine|日付=2008年4月2425日16時5250分 (UTC+9)}}</ref>。ITproの群衆の叡智サミット2007レポートによれば、[[w:梅田望夫|梅田望夫]]氏が2007年1月に「次の10年の最重要キーワード」として挙げたものである<ref>{{出典・ウェブ|url=http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071102/286251/|タイトル=「群衆の叡智」をテーマにした討論会が開催:ITpro|著者=高橋信頼=ITpro|発行者=日経BP|日付=2007年11月2日 (UTC+9)}}</ref>
 
群衆の叡智サミット 2008 Springの開催は、CNET JapanやMarkeZineなどでも伝えられている<ref name="cnetjapan"/><ref>{{出典・ウェブ|url=http://markezine.jp/a/article/aid/3474.aspx|タイトル=MarkeZine:◎集合知とWeb 2.0の可能性を探る、「群衆の叡智サミット 2008 Spring」5月開催決定|著者=MarkeZine編集部|発行者=翔泳社|表示名=MarkeZine|日付=2008年4月25日16時50分 (UTC+9)}}</ref> 。
 
== 出典 ==
1,637

回編集