「北海道人事委員会、君が代の演奏を止めた教諭の処分を取り消し」の版間の差分

公開
(関連)
(公開)
 
毎日新聞によれば、この卒業式の式次第には、国歌斉唱の項目がなかった。しかし、校長が当日、君が代のテープをカセット装置から流したため、この教諭がテープを止め、斉唱を妨害した。
 
裁決では、「強制は教職員の思想、良心への侵害であり許されない」とし<!--北海道新聞によれば-->「式については生徒や保護者にも意見表明の機会が与えられるべきであるにもかかわらずそれを行わなかったのは[[w:児童の権利に関する条約|児童の権利に関する条約]]に反する」とした。また、<!--北海道新聞によれば、-->方針の決定が予めなされていなかったことは校長の重大な瑕疵であるとした。一方で、演奏の停止による混乱が一時的だったことに比して処分が重すぎ、<!--共同通信によれば-->処分は「裁量権の逸脱」であるとして処分を取り消した。
 
また、<!--北海道新聞によれば-->[[w:学習指導要領|学習指導要領]]については「その法的拘束力は否定せざるを得ない」とした。
 
== 関連項目 ==
 
*[[国旗国歌は義務でない—東京地裁、都と都教委に賠償命令]]
 
== 出典 ==
*{{出典・ウェブ
|発行者=朝日新聞
|日付=2006年10月23日}}
<!--
*{{出典・ウェブ
|url=
|タイトル=
|著者=
|発行者=
|日付={{subst:#time:Y年F|+ 9 hours}}{{subst:#time:j日|+ 9 hours}}}}
 
-->
{{Category-4|日本|北海道|社会|教育|ほつかいとうしんしいいんかいきみかよのえんそうをとめたきょうゆのしよふんをとりけし}}
 
{{Category-45|日本|北海道|社会|教育|人事|ほつかいとうしんしいいんかいきみかよのえんそうをとめたきょうゆのしよふんをとりけし}}
{{査読公開中}}
<!--
記事が書きあがった時点で{{査読中}}に書き換えます。
自分で書いた項目は{{公開中}}にはかえないでください。
査読中のものに新たに資料を付け加えた場合、大幅な加筆をした場合も同様です。
公開前になるべく多くの投稿者に目を通してもらうようにしましょう。
-->
2,542

回編集