「秋田の小学生殺害事件、近所の女性を死体遺棄で逮捕」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
秋田さきがけによると、殺された豪憲君と畠山彩香ちゃんは友人関係で、畠山容疑者と豪憲君は顔見知りだった。共同通信、時事通信によると、豪憲君のランドセルなどに毛髪が付着しており、[[w:DNA|DNA]]鑑定の結果容疑者のDNAと一致したこと、また聞き込みにより先月17日午後3時頃、発見現場に白い軽自動車の目撃情報や複数のタイヤ痕があったことなどから、調査した結果、容疑者の逮捕となった。<!--アサヒ芸能6月8日号は、容疑者は以前から男性癖があったほか、容疑者の娘への虐待に近い行為があったと指摘している。-->
 6月5日午後に身柄を秋田地方検察庁に送られ、さらに殺人容疑で取り調べた。<BR>
読売新聞によると、6日「首を絞めて殺した」と自供したが、その後「帰宅したら家に死体があった」などと供述が揺れている。ほかも、共同通信によると、畠山容疑者の部屋、車から豪憲君と見られている血痕と尿反応が検出されたという。
:事件直後から、藤里小学校では保護者の車での登下校を学校側が依頼。今でも続いている。
 
匿名利用者