「阪急ホールディングス、阪神電鉄の株式公開買い付け実施」の版間の差分

編集の要約なし
(村上ファンド)
編集の要約なし
これに関連して、読売は6月1日の報道で、新会社の会長に阪神電鉄新社長となる予定の坂井信也・現阪神電鉄常務を、また社長には角和夫・現阪急ホールディングス社長を迎えるとする人事を明らかにした。
 
なお、日本経済新聞によると阪神の大株主である村上世彰氏に対してインサイダー取引関する捜査が3日開始されたが、これに関連して阪急HDは2日、「阪神の企業価値を毀損するものではない」として、TOBを継続する考えを示した。
 
==阪神電鉄株をめぐる問題の関連記事==
12,244

回編集