「フランス人科学者、珊瑚海で「生きた化石」発見」の版間の差分

公開、ノート参照
(読み方は正しいのかわかりませんね...)
(公開、ノート参照)
[[Image:Chesterfield.jpg|thumb|200px|NASAによるチェスターフィールド諸島付近の衛星写真(資料)]]
 
[[w:フランス|フランス]]の[[w:国立自然史博物館 (フランス)|パリ国立自然史博物館]] (MNHN) 及び同国の開発研究所 [[w:fr:Institut de recherche pour le développement|(IRD)]] は18日、両機関の科学者らが2005年10月にオーストラリアの東、仏領[[w:ニューカレドニア|ニューカレドニア]]・本島の北西約550キロに位置する[[w:チェスターフィールド諸島|チェスターフィールド諸島]]({{ウィキ座標度|19.5|||S|158.7|||E||}})付近の[[w:珊瑚海|珊瑚海]]で行った海洋調査の際に捕獲した生物の中から、新種の[[w:甲殻類|甲殻類]]であるを発見し、「'''ネオグリフア・ネオカレドニカ'''(''(Neoglyphea neocaledonica)'')」<!-- 読み方あってる? ←ネオグリフェアかな??-->を発見し」と名付けたと発表した。
 
AP通信が伝えるところによると、同種は6,000万年前に絶滅したと考えられており、AP通信や発見した両機関は「生きた化石の発見」と伝えている。ネオグリフア属の生物では、1908年にも「ネオグリフア・イノピナータ''(Neoglyphea inopinata)''」が見つかり、1975年に新種と確認されている。
 
== 出典 ==
[[Category:生物学|ふらんすしんかかくしやさんこかいていきたかせきをはつけん]]
 
{{査読公開中}}
<!--
記事が書きあがった時点で{{査読中}}に書き換えます。
自分で書いた項目は{{公開中}}にはかえないでください。
査読中のものに新たに資料を付け加えた場合、大幅な加筆をした場合も同様です。
公開前になるべく多くの投稿者に目を通してもらうようにしましょう。
-->
12,244

回編集