「国際自動車連盟、亜久里チームのF1参加を承認」の版間の差分

{{査読中}}
(初版)
 
({{査読中}})
朝日新聞、日刊スポーツ、共同通信によると、[[w:スイス|スイス]]・[[w:ジュネーヴ|ジュネーヴ]]に本部がある[[w:国際自動車連盟|国際自動車連盟]](FIA)は26日、元F1ドライバーの[[w:鈴木亜久里|鈴木亜久里]]氏(46)が代表を務める新チーム「[[w:スーパー・アグリ・フォーミュラ1|Super AGURI Formula 1(スーパーアグリ・フォーミュラ1)]]」の2006年[[w:フォーミュラ1|Formula 1]]シリーズへの参戦を承認したことを発表した。これにより、[[w:B・A・R|B・A・R Honda]]を離れた[[w:佐藤琢磨|佐藤琢磨]]選手(28)がスーパーアグリのファーストドライバーとして加入することがほぼ確実となった。
 
朝日新聞によると、スーパーアグリは[[w:本田技研工業|ホンダ]]からエンジン供給を受け、タイヤは[[w:ブリヂストン|ブリヂストン]]からの供給を予定しており、交渉が進められている。ファーストドライバーは佐藤琢磨選手との契約交渉がおこなわれおり、セカンドドライバーは2005年[[w:フォーミュラ・ニッポン|フォーミュラ・ニッポン]]で年間総合2位に輝いた[[w:井出有治|井出有治]]選手(31)が有力視されている。契約が成立すれば、タイヤからドライバーまで純国産のプライベートチームとなる。また、F1への新チーム参戦は2002年の[[w:トヨタ自動車F1|トヨタ]]以来4年ぶりで、日本のプライベートチームがシャーシの開発からフル参戦するのは初めて。
 
朝日新聞、日刊スポーツ、共同通信によると、スーパーアグリは2005年10月にFIAへ参加を申請したが、「登録手続きに不備がある」として承認を見送られ、12月初旬に発表されたエントリーリストから外れていた。朝日新聞によると、その後、追加承認に必要な既存10チームの同意を12月末までに得ており、FIAへの供託金も納めて再申請していた。
{{Category-5|ヨーロッパ|スイス|日本|スポーツ|モータースポーツ|こくさいしとうしやれんめいあくりちいむのふおおみゆらわんさんかをしようにん}}
 
{{執筆査読中}}
<!--
記事が書きあがった時点で{{査読中}}に書き換えます。
1,104

回編集