「ジェフ千葉・ナビスコカップ初優勝」の版間の差分

後半ロスタイムの巻選手のノーゴールを追加、試合展開を一部追加
(後半ロスタイムの巻選手のノーゴールを追加、試合展開を一部追加)
ジェフ千葉は1993年のJリーグ発足時よりJリーグに加盟しているが、今回のナビスコカップがカップ戦・リーグ戦通じて初の公式戦の優勝となる。
 
秋田魁新報と読売新聞、スポーツナビによると、前半は一進一退であったが両チーム無得点、後半はガンバ大阪がゲームを優位進めたが、やはり無得点で通常の試合時間90分間を終了折り返した。
後半はガンバ大阪がゲームを優位に進めたが、後半ロスタイムにジェフ千葉の巻選手がゴール。得点かと思われたが、主審は巻選手のディフェンダーに対するファールがあったとしてこれをノーゴールにした。
規定により行われた前後半各15分(合計30分)の延長戦も両チーム共に無得点に終わり、PK戦による決着となった。
両チーム無得点のまま全後半45分(合計90分)の試合時間が終了したため、決勝規定により延長戦前後半各15分(合計30分)の延長戦が行われた。
しかし延長戦も両チーム共に無得点に終わり全後半90分、延長戦30分、合計120分に渡る攻防の後、勝負はPK戦に移った。
 
120分に渡る攻防の後、勝負はPK戦に移った。ガンバ大阪の1人目・遠藤選手は、ジェフ・立石選手に止められ失敗した。その後両チームとも全員がゴールを決め、5-4のスコアでジェフ千葉が勝利した。ジェフ千葉は、優勝チーム賞金1億円を獲得した。またMVPにはジェフ千葉のGK立石選手が選ばれている
MVP(最優秀選手)にはジェフ千葉のGK立石選手が、大会中最も優れた若手選手に送られるニューヒーロー賞にはジェフ千葉の阿部選手が選ばれている
 
試合の総観客数は4万5,039人だった。
|著者=
|発行者=スポーツナビ
|日付=2005年11/6}}
 
[[category:日本|しえふちは・なひすこかつふはつゆうしよう]]
17

回編集