「FIFAが第三者による選手の保有を禁止へ」の版間の差分

表現がおかしい箇所の微調整(先ほど査読しました。記事の修正をお願いします)
(ページの作成:「{{日付|{{subst:#time:2014年9月29日|+ 9 hours}}}} <!--あなたが投稿する時点での日付です。事柄が起こった時点での日付ではありません...」)
 
(表現がおかしい箇所の微調整(先ほど査読しました。記事の修正をお願いします))
|日付=2014年9月27日}}</ref>。
 
これは、投資会社が選手獲得の際、移籍金の一部を投資という形で負担しちぇて、保有権を持つという仕組みになっているが、その選手の移籍に対して、影響力を行使したり高い金額でほかのクラブに移る際に配当を受け取ったりすることなどが問題となっている<ref name="jiji_20140927"/>。
 
そのため、UEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長は2014年3月に、FIFAに対して、選手を保有する代理人に対する行動を起こすように呼びかけていた<ref name="afpbb_20140927"/>。