「ウルグアイ・スアレス選手が噛みつき行為か? - 2014W杯サッカー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[File:Luis Suárez vs. Netherlands (cropped).jpg|thumb|200px|right|ウルグアイ代表・スアレス選手(2011年) {{CC-by-sa-2.0}} ]]
{{日付|2014年6月26日}}
[[w:2014 FIFAワールドカップ|2014ワールドカップ(W杯)サッカー選手権]]・[[w:ブラジル|ブラジル]]大会で、決勝トーナメントにコマを進めた[[w:サッカーウルグアイ代表|ウルグアイ]]のスアレスが現地6月24日の1次予選D組の試合での対戦相手・[[w:サッカーイタリア代表|イタリア]]戦でイタリアの選手にかみついた疑いがもたれ、[[w:出場停止|試合出場停止]]の可能性が出てきた<ref name="houchi">スポーツ報知より</ref>。
 
問題の行為は後半34分<ref name="houchi"/>に起きた。ウルグアイが先制点を挙げる直前に、スアレスはイタリアのキエリーニとのもつれ合いの末に転倒した<ref name="cnn">CNNより</ref>が、この時、テレビ中継の映像ではスアレスがキエリーニの肩に顔をうずめるように映し出していたが、キエリーニはシャツを引いて肩を見せて審判に「スアレスにかみつかれた」との異議を申し立てるが、審判はこれをファウルとは認めなかった<ref name="cnn"/>。
イタリア・ブランデリ監督は「キエリーニの肩に歯型があったのを見た。恥ずるべき行為だ!」とスアレスを糾弾<ref name="houchi"/>、その一方でこの試合は欠場したウルグアイのルガーノ主将は「噛みつき?(報道機関に対し)君は見たのか?僕に見せてくれよ。僕は何も見なかったからね。プレーの接触というだけだ」とスアレスを擁護するとともに、キエリーニについて「最悪なのはキエリーニの態度だ。彼は素晴らしい選手だが、スポーツマンじゃない。結果を受け入れず、泣きわめきながら、相手選手を非難するなんてイタリアサッカーらしくない」と批判した<ref name="sanspo">サンスポより</ref>。
 
スアレスみずからは「衝突しただけ」であるとしているが、仮にかみつきが行われていれば、最大24試合、ないしは2年間の[[w:出場停止|出場停止]]の処分が科せられる可能性がある<ref name="cnn"/>。スアレスは過去にも2010年・[[w:エールディビジ|オランダリーグ]]・[[w:アヤックス|アヤックス]]の時代に相手選手の腕をかんだことで7試合、さらに2013年にも[[w:プレミアリーグ|イングランドプレミアリーグ]]の[[w:リバプール|リバプール]]で同様の行為をしたことで10試合、それぞれ出場停止の処分を受けたことがあった<ref name="houchi"/>。
 
== 情報源 ==