「2014年東京都知事選、舛添要一氏当選」の版間の差分

編集の要約なし
(ページの作成:「{{日付|{{subst:#time:Y年Fj日|+ 9 hours}}}} thumb|200px|当選した舛添要一氏 {{Wikipedia|2014年東京都知事選挙}}...」)
 
#[[w:酒向英一|酒向英一]]-1,297票
 
==各立候補者・支援者のコメント==
== 情報源 ==
選挙結果を受け、各候補は次のように述べている<ref name="nhk"></ref>。
*舛添要一氏
**多くの有権者の方に政策を訴え続けられたことが評価されたと思う。東京を世界一の町にしたい。福祉・防災・経済、そして東京オリンピックを成功させたい。
*宇都宮健児氏
**前回(2012年)の選挙よりも、手応えを感じられた。公開討論会が少なく、有権者に政策の理解が広がらなかった。低投票率も不利になったと思う。
*細川護熙氏
**準備期間が短かったことや、原発問題が争点にならなかった、などが原因で不本意な結果になった。街頭演説で感じた熱気と結果の差に努力不足を感じている。
*[[w:小泉純一郎|小泉純一郎]]氏(細川氏支援)
**不本意な結果ではあったが、細川氏に敬意を表する。これからも、原発ゼロを目指して努力していく。
*田母神俊雄氏
**組織が無い中でも、票に繋がったことは一定の成果が得られた。日本を取り戻すためには、第一に日本の利益を考える政治家が集まることが必要。これからも、政治活動を続けていく。
*家入一真氏
**支持者の期待に応えることはできなかったが、インターネットを使用して若者が政治に声を上げることができた。若者の声を集めた政策を反映させるべく、新知事に要望したり知事ではなくてもできることをしていきたい。
*ドクター・中松氏
**街頭演説やインターネットでの、反響が大きかっただけに意外な結果。低投票率だったことも、要因の一つ。
 
== 情報源 ==
<references/>
 
{{DEFAULTSORT:2014ねんとうきようとちしせんまつそえよういちしとうせん}}
 
{{執筆査読中}}
<!--
記事が書きあがった時点で{{査読中}}に書き換えます。
3,278

回編集