ジェフ千葉の新監督はリバプールのコーチ・ミラー氏

【2008年5月9日】 朝日新聞によると、サッカー・J1リーグジェフユナイテッド市原・千葉イングランドプレミアリーグリバプールアレックス・ミラーコーチが次期監督に就任する人事を発表した。契約期間は2009年1月までの間。

日経新聞によると、ジェフ千葉は今シーズン、クゼ前監督が就任するも、9敗2分け(未勝利)と低迷しており、5月7日 (UTC+9) にクゼ監督を解雇し、後任を捜していた。朝日新聞によると、ミラー新監督は5月10日来日を予定しているが、就労ビザの取得に2週間程度かかる関係で、5月10日と17日に行われる試合に関しては、ミラー氏の要望で就任するヘッドコーチの沢入重雄氏(中京大学サッカー部監督)が指揮をとる事にしている。

朝日新聞によると、ミラー新監督はスコットランドレンジャーズで選手として活躍した後コーチとして、スコットランド代表やイングランド・リバプールを指導していた。

出典編集

関連ニュース編集